シェイプ・オブ・ウォーターは本当に名作だったのか?

シェイプオブウォーター。

他の映画を見た時に初めて予告を見たのだけれど、

引き込まれるリズム感 気になるストーリー キャラクター

そしてアカデミー賞4部門を受賞して

見なければならない映画のように直感し、期待をしていた映画。

 

期待をして映画観に行ったのだけれど、

もう this is  シェイプオブウォーターという世界観に引き込まれる、

というかぶち込まれる。

 

そして問題はこの世界にあなたは耐えられますか?

という映画とは別物。

 

ここはキャラクターそれぞれの人生があり、1つ1つが濃い。

そんな中

君はどこまで耐えられる?どこまで受け入れらる?

と もう推しが強い。

 

このクセに私は耐えられなかった。

この映画は私の好きなタイプではなかった。

確かに圧倒的な作品だと思う。

自分がそのレベルにない。

そう痛感させられた作品だった。