ゼロから始めるレザークラフト #2 縫い方

レザーを縫う

 

難しいであろうと思っていたのですが

 

縫うといよいも一番大事なのは

 

菱目打ち正確なラインで打つことではないでしょうか。

 

左右にぐねぐね曲がってしまえば綺麗にはなりませんよね。

 

セット購入された場合は4本菱目と2本菱目が付いているので

 

直線なら4本 

カーブなら2本    を私は使っています。

 

直線の際は4つの穴が開いてから 最後の1個の穴を重ねて続けて打っていきます。

 

すると比較的スムーズに直線が打てるようになります。

さてまっすぐ打つことができれば菱型の穴がたくさん並んだら準備はOK.

 

さてどのくらいの糸が必要になるか?といういうと

縫いたい距離 X 3〜4

と想定してください。

 

なぜそんなに必要なのかというと手縫いでは両サイドから縫います

そのためまず2倍、レザーの厚さも結構あるので3倍は必要になります。

慣れないうちは少し多めに取れば安心して縫えると思います。

ギリギリ長さが足りない時のショックは大きいので、、、

 

さて糸(ロウビキ済み)を切り、両サイドに針をつけます。

 

レザーには

菱型 /=/ このような形で穴が開いてそれが続いていきますよね。

 

*右から左に縫うさい*

 

1つ目の穴を通して裏面から2つ目の穴を通します、その際に裏から来た糸を1つ目の穴の方に寄せます。

すると  /= */ の右側に糸がよります。

そしてもう一方の針を2つ目の穴を通します。

そうすると2つ目の穴に両方の針が通った状態になります。

この際に軽く両サイドから引っ張ってあげてください。

 

ひたすら これの 繰り返しです。

 

縫い終わりはおもて面に来ている糸を1つ前の穴に通して

裏面に2つの糸が並ぶようにして2~3mm 残して糸を切ります。

切ったの先をライターで少し火をつけます。

すると先が丸くなりしっかり固定されます。

 

最初は????  ????

ですが30分もすれば あれ結構簡単じゃん? となるわけです。